双龍蓮泉

スポンサーサイト
--.-- (--) -- : --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有間皇子について
03.14 (Tue) 13 : 11
磐白の、浜松が枝を、引き結び、ま幸くあらば、また帰り見む
【意味】
磐白の浜の松の枝を結んで、幸いにも無事だったら、またここに戻ってきて見よう。
詠み人:有間皇子 万葉集より

有間皇子(ありまのみこ、舒明天皇12年(640年)-斉明天皇4年11月11日(658年12月13日))は、孝徳天皇の皇子。母は左大臣・阿部内麻呂の娘・小足媛。大化元年(645年)6月14日に父の孝徳天皇が即位。孝徳天皇は同年の12月9日に都を難波宮に移す。しかし、白雉4年(653年)に中大兄皇子が、都を倭京に戻す事を求めた。しかし、孝徳天皇はこれを聞き入れなかったため、中大兄を初めとする皇族達やほとんどの臣下達が倭京に戻ってしまった。皇后の間人皇女でさえ兄に従い、戻ってしまった。失意の中、孝徳天皇は白雉5年(654年)の10月10日に崩御した。このため、斉明天皇元年(655年)の1月3日、宝皇女が再び飛鳥板葺宮で斉明天皇として即位した。有間皇子は、心の病いを装って牟婁の湯に療養に行き、飛鳥に帰った後に自分の病気が完治した事を斉明天皇に伝え、その土地のすばらしさを話して聞かせたため、斉明天皇は紀の湯に行幸した。飛鳥に残っていた有間皇子に、中大兄皇子の意を受けたと思われる蘇我赤兄が近づき、斉明天皇や中大兄皇子の失政を指摘し、自分は皇子の味方である事を伝え、斉明天皇と中大兄皇子打倒の計画を練った。この時、有間皇子は母の小足媛の実家の阿部氏の水軍を頼りにし、天皇達を急襲するつもりだったという説が最近出てきている。しかし、赤兄の密告によりこの謀反計画は露見し、彼は守君大石・板合部連楽達と捕らえられ、斉明天皇4年(658年)の11月9日に中大兄皇子に尋問された。その時、有間皇子は「私は何も知らぬ、全ては天と赤兄だけが知っている」と答えた。有間皇子は同年の11月11日に藤白坂で絞首刑に処せられた。この時、彼が詠んだ2首の歌が『万葉集』に収録されている。有間皇子の処刑以降、多くの歌人達が彼を偲んでこの藤白坂の地を訪れるようになったという。
スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可 

TRACKBACK

http://orengstar.blog10.fc2.com/tb.php/65-970013d7

FC2Ad


powered by FC2 / temp by plain9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。