双龍蓮泉

スポンサーサイト
--.-- (--) -- : --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピグミークローン特集
03.10 (Fri) 13 : 38
今日ゎ、特に書くこと無いので
Livly第2弾としてピグミークローンの特集をします゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚+:。
ピグミークローンといえば飼いたいという人が多いですが
今は、飼う方法は0に等しいほど不可能といえる
いわば幻のリヴリー(?)です。
kur2.png

↑包帯をしていますが決してケガをして巻いている
というわけではありません(・ω・`)
そういうリヴリーだということです。
kur.png

↑マウスでピグミークローンを持ち上げるとこんな感じになります。
目は閉じてます・・・。
kur4.png

↑これはピグクロの寝ているところです。
なんともまぁ気持ちよさそうです(*´∀`*)
kur5.png

↑これは帽子を被ったところです。
ちなみにどうでもいいことですが、この帽子は彩雲国物語という
チームの帽子です。
kur3.png

↑これは、歩いているピグクロたんです。
kur6.png

↑これはミュラー博士が飼っているジュリエットたんです。
他のピグクロたん達とは違うところがあるって
お気づきでしょう・・・。
kur7.png

↑これはミュラー博士の奥さんが飼っているプーケたんです。
ジュリエットたんと同じく他のピグクロとは違います。
それとジュリエットたんとプーケたん実ゎ、包帯が
鏡になっているってお気づきですか。
♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪
むすぶ手の 雫ににごる 山の井の 飽かでも人を 別れぬるかな
【意味】
水をすくう手から したたる雫に濁る、そんな小さな山の泉の水のように、心が満ち足りもしないで、二人は別れてしまうんだね。
詠み人:紀貫之  古今和歌集より
【古今和歌集とは・・・】
『古今和歌集』は、醍醐天皇の勅命によって編まれた初めての勅撰和歌集。延喜五年(905年)頃成立。略称『古今集』。真名序は紀淑望、仮名序は紀貫之が執筆した。和歌集としてだけでなく、古今和歌集仮名序は日本最古の歌論としても文学的に重要である。天皇が勅命を出し、国家事業として和歌集を編むという伝統を確立した書でもあり、八代集・二十一代集の第一に数えられる。平安中期の国風文化確立にも大きく寄与し、『枕草子』では古今集を暗唱することが平安中期の貴族にとって教養とみなされたことが記されている。20巻で構成され、歌数は総勢1111首。その中に長歌5首・旋頭歌4首を含む。残りはすべて短歌。仮名序と真名序の二つの序文を持つ。内容はほぼ同じである。仮名序は紀貫之の筆。20巻からなる本文は、春(上下巻)・夏・秋(上下巻)・冬・賀・離別・羇旅・物名・恋(1巻 - 5巻)・哀傷・雑・雑体・大歌所御歌に分類されている。古今和歌集で確立されたこの分類は、和歌の分類の規範となり、歌会、歌論などにおいて使われただけでなく、後世の勅撰和歌集に形を変えながら継承され、また連歌におけるさらに細分化された句の分類の基礎ともなった。
【紀貫之とは】
紀貫之(きのつらゆき、男性、貞観8年(866年)、または貞観14年(872年)頃? - 天慶9年(945年))は、平安時代前期の歌人・随筆家。三十六歌仙の1人。紀友則は従兄弟にあたる。905年、醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集『古今和歌集』を紀友則、壬生忠岑、凡河内躬恒と共に編纂した。古今和歌集の序文には漢文による「真名序」と平仮名による「仮名序」の二つがあるが、仮名序を書いたのも紀貫之である。また、『小倉百人一首』にも和歌が収録されている。随筆家としては『土佐日記』の著者として有名である。男は漢文を書くのが常識とされていた時代に、女の作者を装って土佐から京都までの紀行を平仮名で綴った。そのため本文中の語り手も女性である。日本文学史上、おそらく初めての平仮名による優れた散文であり、その後の日記文学や随筆、女流文学の発達に大きな影響を与えた。
スポンサーサイト

COMMENT

「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。

POST

管理者にだけ表示を許可 

TRACKBACK

http://orengstar.blog10.fc2.com/tb.php/61-bf598141
今朝妹のユキノが朝帰りしてたよ~悔しい~!!!!!!!!!!!!マコだって朝帰りしたいんだから~っ!

FC2Ad


powered by FC2 / temp by plain9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。