双龍蓮泉

スポンサーサイト
--.-- (--) -- : --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彩雲国物語/黄金の約束
03.05 (Sun) 13 : 37
角川ビーンズ文庫 
雪乃紗衣先生の彩雲国物語シリーズ2巻目です。
彩雲国に暑い夏がやってきた。
朝廷の諸官は夏バテと超過激勤務で次々とダウン。
人手不足を補うため、貧乏街道爆走中の
名門紅家のお嬢様・秀麗に助っ人要因のお呼びがかかる。
だが外朝は女人禁制、それに春先に求愛を蹴って後宮を辞した手前、
城内をウロウロして王様にばったり会ってしまうのもマズイ。
仕方なく男装(?)し、こっそり仕事を始めた秀麗だったが―。
絶好調・極彩色ファンタジー、第2弾!
*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*
家柄だけは非常に高いのに貧乏なお嬢様、
秀麗が謝礼金500両につられてダメダメな
新王の根性たたき直し役として「貴妃」として後宮に入ったのは
第1巻での出来事。
第2巻は、王が国政をやるきになったためお謝礼金を貰い後宮を去り、
元の生活に戻り家計のやりくりに励んでいます。
ただひとつ変わったこととは、
男にしか興味がないと思っていた王が、
秀麗に惚れて、的のはずれたプレゼント攻撃を・・・。
(巨大な氷・大量のゆで卵。愛の藁人形(?))
そのいっぽうで彩雲国には暑い夏がやってきた。
猛暑のため、官吏がばたばた倒れる。(おいおい)
特に人使いのあらい戸部は過労で倒れた
官吏の分の仕事が他の官吏にまわり、
どんどん倒れるという悪循環。
そこで李絳攸から秀麗に助っ人の依頼が入る。
男装して戸部長官(黄 奇人(鳳珠))の雑用係をしてほしいと。
紅家の居候になった燕青とともに、外朝でアルバイト。

人使いが荒く変人で有名な「魔の戸部」の長官、
意外にも優秀に事務をこなす燕青、
茶州から続々やってくる盗賊たち、
国試の女人受験案を画策する国王・・・
秀麗は今度もお役目を果たせるのか、
霄太師が肌身離さずもっている壺の中の「超梅干し」は?
数々の謎が深まる第2巻。
スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可 

TRACKBACK

http://orengstar.blog10.fc2.com/tb.php/55-688fde1b

FC2Ad


powered by FC2 / temp by plain9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。